ICカードをもっと身近に

ICカードをもっと身近に

タブレットがICカード端末になる!

可能性は無限大。PNEXTA、登場。

PNEXTA(ピーネクスタ)とはICカード/ICタグをタブレットの「おもて面」で読み取ることができるタブレットケースです。
通常、タブレットの読み取りセンサは「うら面」にあるため、タブレットでICカード等を利用する場合、利用者がどこにICカードをかざせばいいのかが分かりにくく、画面や口頭でサポートをする必要がありました。
PNEXTAを利用すれば、利用者が直観的に操作でき、開発者の「画面デザインへ配慮しなければならない」煩わしさも一気に解決する事が可能です。
ICカード、ICタグを今までよりも「安価」で「身近」に導入したい方、是非ご活用下さい!

画期的!おもて面で読み取れる便利さ

タブレットの読み取りセンサは「うら面」にあるため、ICカードの読み取りには不便。PNEXTAを利用するだけで「おもて面」で読み取りが可能になり、ICカード、ICタグの利便性がアップします。

圧倒的なコストの削減

ICカード、ICタグを利用するための専用端末は、本体価格も施工費も高価な物が多く、手軽に導入できません。PNEXTAは汎用的なタブレットを使用しているため、およそ6分の1のコストで導入する事も可能です。

手軽にどこにでも設置できる!

テーブルの上にポンと平置きするだけでなく、縦でも横でも壁掛けでも好きな場所に設置可能です。カメラネジ(1/4インチ)にも対応しているため、カメラ用の三脚を利用すれば簡単に固定できます!PNEXTAはタブレットの電源さえあれば、他の電源は必要無く、配線も不要です。使いたい場所へ自由に持ち運び、ご利用いただけます。

1台で無限の機能!

PNEXTAは専用機ではなく、中身がタブレット(Nexus9)であるため、Android用のアプリがそのまま動作します。つまり、同一端末で様々な用途(アプリ)を切り替えて利用することができるため、可能性が無限に広がります。

活用事例

CASE 1

PNEXTAでかんたん受付!入室、退室、楽々管理!

社内の講演会、発表会の受付業務にて、手書き運用から脱却するため、PNEXTAと社員証を活用し、スムーズな受付と簡単管理を実現した事例をご紹介します。

詳しく見る

CASE 2

「知られたくないけど、知っておきたい情報」のご提供に

「人に知られたくないけど、自分では自由に見たい!」そんなプライベートな情報を『本人のみ』に提供できたら…
PNEXTAの、こんな使い方はいかがでしょうか?

詳しく見る