ICカードをもっと身近に

活用事例 CASE1

PNEXTAでかんたん受付!入室、退室、楽々管理!

ある会社では全社の発表会や講演の際、参加人数が200名を超えるにもかかわらず参加者の「所属部署、役職、名前」を手書きで受け付けていました。
主催者は手書きの受付名簿から、データに転記する作業をしていました。

困りごと

  • ・ 受付の混雑を解消したい。
  • ・ 手書きの受け付けをやめたい。
  • ・ データへの転記(集計作業)をやめたい。
  • ・ 受付名簿への記入は到着順のため、データとして利用しづらい。
  • ・ 退席情報が分からない。

PNEXTAを導入

解決策

  • ・ 社員証がICカードであったため、そのまま利用。
  • ・ ICカード番号と社員の属性(所属部署、役職、名前)を紐づけ管理。
  • ・ 社員証をPNEXTAにかざすと、受付完了と社員の属性を表示。

うれしさ

  • 受付時間の短縮で、混雑が一気に解消!(平均100秒→2秒!)
  • 出席者の一覧や参加人数がその場で把握可能に!
  • 社員名、社員番号、部署名毎に並べ替えが容易に!
  • データへの転記(集計作業)が不要に!
  • 少人数の会議でも、参加履歴の管理に大活躍!