ICカードをもっと身近に

製品情報

特徴

POINT 1

おもて面で読み取りができるから、利便性アップ

タブレットに搭載されている読み取りセンサは、タブレットの「うら面」に実装されてはいますが位置が不明確なため、利用者が使いやすい構造とは言えません。
例えば、ICタグを物に貼りつけて利用する場合は、読み取り位置の調整や、タブレットの固定に配慮する必要が出てきます。
ICカード、ICタグを利用する場合「読み取りセンサが、うら面にある」構造は多くのデメリットを生んでしまいます。
PNEXTAは読み取り位置が直観的に分かり、利用者、運用者、開発者の皆様へ、うれしさを提供します。

/wp-content/uploads/pnexta-nakatasan-zennshin.png

POINT 2

自由に持ち運び、たてかけ、固定

例えば、出欠管理や、展示ブースでの利用等、毎回違う場所で使用する場合でも、PNEXTAは容易に持ち運び、そこにシステムを展開できます。
卓上で自立する事も可能ですが、カメラネジ(1/4インチ)に適応しているため三脚等の利用で設置状況を簡単に調整できます。
また、うら面には壁掛け用の穴が開いており、利用シーンにあわせ、縦向き、横向きに固定できます。
※壁掛けはオプションになります。

POINT 3

タブレット端末ならではの汎用性。PCとの親和性

専用機は用途が限定されてしまいますが、PNEXTAなら汎用性が高く様々な用途に使用できます。
タブレット内蔵のため、パソコンとの相性が良く、データ交換も簡単です。PNEXTAであれば「PC+外付けICカードリーダー」の様な煩雑さから開放されます。
パソコン同様に様々なシーンで利用できるのにカッコイイ!を体験して下さい!

この画像には alt 属性が指定されていません
この画像には alt 属性が指定されていません